塾と少子化

これからの塾の動向を、日本が抱える大きな問題である「少子化」にを視野にお いて考察していくと、二つの点がわかります。 一つ目は、日本の塾全体の規模は少しずつ縮小していくということです。ある塾では、今まであった校舎数を大幅に減らすという方針をとるなど、塾という業界の市場規模や、校舎数は少しずつ小さくなっていくうのが見えています。 子供の数が減ることで、集団制等の、子供が多いときに有利な塾は少しずつ押さ れていき、個別指導制は、どんどん有利になっていくとわかります。 理由としては、都会の過密地域と過疎地域となったときに、明らかに強いのが 個別指導制であるということがわかります。 よって、これからは個別指導が有利な状態が続くとわかります。

もしもお子さんを塾にいれてあげようと考えるならば、通信教育や、家庭指導制の塾がもしかしたらいいのではないかと提案します。 最近の子供は意外にいろいろなものがあふれかえっている時代であることの影響を受けてなのか、いろいろな事に興味を示す傾向にあると言われています。 なので、集団制の方に入れて、「目指せ早慶」「目指せ東大」の方でもいいと思いますが、個人個人を尊重していくことを方針としている個別指導制や通信教育制などに入るのもオススメなのではないのかと思います。 まずは自分の子供がどのような傾向にあるかをしっかりと日頃から見てあげて、判断してみるという目を持たなければならないということをしっかりと注意するべき時代なのではないでしょうか。